--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.30
Mon

これからパレッカムに向かいます!
楽しみだけど何も無いのでしっかり写真撮ってきます!

アヤソフィアに行ったら入場料が5リラ上がっててなかなかびっくりしました。
といっても総額1250円ですが・・・。
高いよね?5リラあったらご飯食べれるからね!サバサンド!!!!!!


さて岩のドーム。
ここはかなり神聖な場所。
私たちはラマダン明けに行ったのですがラマダン中はイスラム教徒しか入る事は出来ません。
因に中にはイスラム教徒しか入れません。

けっこう服装の制限があって、頭にスカーフは巻かんでいいけど胸元が開いた服もよろしくありません。
私の服でさえnot goodって言われたからね。コマちゃんにスカーフ借りました(笑)

まぁきれいなんですよ岩のドーム。
空とのコントラストが素晴らしい。

P8122388.jpg


今回は夏休みで来ていたtomoちゃんもジョインです。
人数が多くまた、人が少なかった為にちょっと遊んでしまいました・・・。
申し訳ございません・・・。


ジャンプ!!

P8122393.jpg

着地(笑)

P8122395.jpg


踊ってみたり・・・

IMG_6408.jpg

懐かしの・・・なんだっけコレ?

IMG_6407.jpg

あとはiku先輩によるポーズ指導の上・・・。

P8122402.jpg


P8122404.jpg

P8122419.jpg


P8122420.jpg


これカメラマンの腕もいいわ!(笑)

P8122426.jpg

飛び方!!!!!


良いこの皆さんはマネしないで下さい。



そしてこの日は夕焼けも見にいったんですよ。
人の家の前だけど(笑)

P8122381.jpg


そしたらその家の子がお菓子くれました(笑)

P8122375.jpg

この子。
そして友達!

P8122371.jpg

撮るなって言われたけど(笑)

P8122372.jpg

最後には笑って写ってくれた♡

にしてもキレイだったなーーーー。

P8122345.jpg


IMG_6259.jpg

たそがれてみたり。

P8122367.jpg

♡つくって夕日入れてみたり。

このメンバーは皆、写真好きだったから楽しかったなーーー。

では皆さん午後からもお仕事・家事・育児頑張ってね♡

IMG_6256.jpg




スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
09.29
Sun

23時なのにチョコレートがっつり食べてしまったよ・・・。
やはし中途半端な時間にご飯食べてはいけないね(笑)
しかし太った・・・。まじで太った・・・。
また数日後からパリ・・・。居心地の良すぎたあのゲストハウスに逆戻り!!
体重増加の皮切りはココ(笑)だって朝晩をどんぶりで食べるからね(笑)


さてさて話はイスラエルの話に戻します。
エルサレムは三大宗教のキリスト・ユダヤ・イスラム教の聖地が集中している場所です。

基本的に私は無宗教ですが、なにげに宗教ってすごく面白い。
ここが根本で女性の地位や、物事の考え方が大きく変わるからね。

そして面白いとかいってるけど詳しくは知らないから何も聞かないで(笑)
間違ってる事は指摘して・・・。

さてさて、次の日から旧市街に集中する聖地を回ります。

ダマスカス門から入り、迷路のような入り組んだ道を進んで行きます。

P8112258.jpg

ところどころにキリストが十字架を背負いながら歩んだ印のステーションがあります。

P8112260.jpg

有名なヴィア・ドロローサはここを1つ1つ歩んで行きます。
イエスが死刑判決を受けて茨の冠を被せられ十字架を背負って歩いた道のことで
聖書に基づいて14ステーションあります。


まずはキリスト教の聖墳墓教会。ヴィア・ドロローサの終着点でもあるここ。
ここはイエスが十字架にかけられて磔にされたゴルゴダの丘にたてられた教会。

P8112263.jpg



P8112264.jpg


入ってすぐのこの場所。ここはイエスが息を引き取った後、香油を塗られた所。
キリスト教徒達が熱心になでたり、ハンカチで拭いて大事そうにしたり、くちずけしたり・・・。
すごく神聖な雰囲気が漂う中で・・・その空気を汚す観光客・・・。
まぁ自分もなんだけど。
でも、あぁはなりたくない。マナーは守ったほうがいい。。。。

そしてイエスのお墓。
ここは入れますが凄い列だったのでこの日はおあづけ。

P8112266.jpg

P8112267.jpg



この中央のドームはすごくキレイだったなー。
宗教画に使われるブルーが昔からとってもすき。

P8112273.jpg

P8112271.jpg


そしてここがイエスが息を引き取った所・・・。
すんごくキラキラしてた・・。ここもやはしキリスト教徒にとってはかなり神聖な場所。
泣きながらお祈りしてる人もいたよ。

P8112277.jpg


日本人って宗教色が強くないから本当に宗教色の強い国って興味深い。
日本にも神社やお寺はあるけど私、ちゃんとしたお墓参りの仕方も知らないし
もちろんお経も知らないし・・。日本人失格?
でもこんなに宗教について無知なのは日本人だけな気がする・・・・。


この後に向かったのは『嘆きの壁』ユダヤの聖地ですね。
本当、入り口分からなかった!!細い小さな道を通ったらいきなり出て来た嘆きの壁。
正統派のユダヤ人がたくさん。
ごめんなさい。隠し撮りしちゃった。



P8112318.jpg

このヘアスタイル。子供もするんだね。

この場所は男性・女性分かれて入るんだけど男性はキッパという帽子をかぶらないといけないの。

P8112310.jpg


P8112305.jpg


P8112324.jpg

P8112323.jpg

P8112326.jpg

みんな紙に願いを書いてここにはさんでいきます。

正統派のユダヤの方ってここでしか見られないに等しいから・・。
不謹慎だけど新鮮でした。

また後日ここの写真は沢山アップします!

でイスラムですが、この日はもう岩のドームに入れる時間が終わっていたためまた後日!!!





comment 0 trackback 0
09.28
Sat
さらっと書きますけど(笑)
なかなかいい体験だったヨルダン→イスラエル。

まず、メンバーはイクちゃん・こまチャン・そしてsakiちゃん。
イクちゃんとこまチャンは違うホステルに泊まってたけど一緒に国境越えしてくれる人を
コーダホテルまで探しにきてバッチリ日程がかぶったので一緒に行きました。

4人で行くのがベストなんです。
なぜならヨルダンとイスラエルの国境キングフセイン橋まではタクシーしか手段がないからです。

そこで出国手続きをし、専用バスに乗り込み4キロの道のりをなぜか2時間かけてノロノロ走行し、
やっとイスラエルの入国手続き・・・なのですが。
ここは旅人の中でも難問。
ちょっとでも怪しいと別室送りで2・3時間軟禁なんて当たり前。な世界です。
英語・・・分かりませんは通用しません。手っ取り早く別室送りになります。

まずランダムに選ばれた人の身体検査。
なんとsakiちゃん選ばれちゃいました。
そして入国審査・・・長い・・・。
3時間立ちっぱなしで待ちました。しりとりしながら(笑)
本当に4人で良かった!!

そしてイスラエルスタンプはレバノンシリアなど仲の悪い国の入国が拒否されるためノースタンプが好ましい。

が、勝手に何も言わなくてもノースタンプでした!
しかもヨルダン出国スタンプも別紙だったからね(笑)
パスポート上、ヨルダンから出てない。
ここはEUかって話ですよ姉さん。

質問された事は
◯どこに泊まるの?
◯君たちどこで知り合ったの?
◯職業は?
◯どこにいくの?
◯イスラエルにきた目的は?

私は案外すんなり終わったけど聞かれる人はかなりしつこく聞かれるみたい。

無事入国した後はエルサレムまで、これまたタクシーで向かいます。
一気に物価が上昇。
イスラエルはほぼヨーロッパです。

このイスラエルで泊まった家は有名な『イブラヒムピースハウス』

このおじいちゃんがイブラヒムさん

P8172686.jpg

おじいちゃん大きな声で誰か見つけるたびに『walcome!!!!!!!!』
『ea------t!!!!!』『foo-------d!!!!!!』と叫んでいます(笑)
少しも遠慮させないためなんだって。


この家は世界中から人が集まってきます。
しかも料金はドネーション制(寄付)です。

P8172688.jpg

最低金額は50シュケル(約1400円)
毎日入れる事・・・。わたしが居た時期は丁度お盆の時期もあって毎日full。
なのに募金箱には入ってるはずの金額が入っていなくてボランティアの人が毎日入れてね。
と言いにこられてました。

そして・・・毎食でます。

P8172687.jpg


P8172698.jpg


家の物は何でも自由に使えます。ここは宿じゃないんだよ。君の家だからね。
好きに使ってね。だって家なんだから。と何度となく言われました。

してはいけない事は聞く事。『使っていい?』とかね。

イブラヒムじいちゃんはパレスチナ人(アラブ人)
なのでパスポートをもっていません。

でもおじいちゃんの平和活動が認められてノーパスポートで色んな国に招かれて行ってるんですよ。
例えばホワイトハウス!!!本当に凄い人なんです。
因に私が泊まっていた時はおじいちゃんのドキュメンタリー映画作成のためハリウッドから撮影スタッフが来てました。
何人かは撮影に参加したみたいで・・いーーなぁーー。

でもね、いつも『僕は小さい男だから・・・きみが僕のボスになって♡』とかいうオチャメなおじいちゃんです。


お家の様子。感謝の手紙など世界中から届いています。

P8172690.jpg

P8172689.jpg

P8172692.jpg


そして(笑)そのとうり!

P8172699.jpg

おもわず写真撮っちゃった(笑)

おじいちゃんの家はオリーブ山の高台。
屋上からの眺めが本当に最高だったな。

IMG_4378.jpg


そんなイスラエル。
今の所、イスラエルが一番印象深いなぁ。
そのお話はこれから。。。



P8172685.jpg


しっかり腰に手まわしてくるからね!じいちゃん(笑)

comment 0 trackback 0
09.27
Fri

トルコにいながらハマム以外どこも行かなかったわたし(笑)
滞在3日目にしてやっと始動。
今日はバザールに行ったら物欲でちゃいましたよね。
ダメですよね。
とりあえず人の物買って自己満足しました。
もちろん自分の物も買ったけど。

しかしトルコ人は日本人が大好き。

旅に出て女である事を自覚して、利用することを覚えました。
いや、変な意味ではなく。
とりあえず女は愛嬌だという事です。



ヨルダン!!
行こうかなぁ・・・と思いながら面倒くさくて行かなかった所。
それがWadi Rum(ワディラム)です。
『月の谷』とも呼ばれているらしい。巨大な岩場に囲まれた荒野・砂漠。
ベドウィン(アラブの遊牧民)のキャンプが人気。
ベドウィンは今も半遊牧生活をしているんだって!

ちなみにこんなトコロ・・・・

IMG_4964.jpg


IMG_4965.jpg

IMG_4963.jpg

キャンプといってもトイレとかキレイらしい。。。。。

そして夜空がヤバいんです!!!!

IMG_4391.jpg

因にこの写真達はヨルダンで、まぁイスラエルでも会うんですけど(笑)
アンマンで一緒だった方にシェアさせてもらった写真。

バックパッカー写真上手な人が多い!!

だいたいドミトリーがある宿には情報ノートというノートがあるんですけど
そのノートにも絶対行った方がいいって書いてあったんだけど色々面倒で行かなかった・・・。

まぁ次回ですね。
モロッコでのキャメルサファリ未体験の方のみ行って下さい(笑)



そしてアンマンで泊まったお宿はバックパッカーなら誰でも知っているコチラ。
『マンスールホテル(コーダホテル)』

2004年、一人の日本人がアルカイダに拘束され殺害されました。
香田証生さん。

彼がイラクに向かったのはここ、アンマンからでした。

香田さんが当時泊まっていたホテルの従業員がイラクに行くバスチケットを手配しました。
もちろん何度も止め、ギリギリまで手配しなかったそうなのですが・・・・。

しかしご存知の通り香田さんはアルカイダに拘束されてしまいました。
その従業員はこのことでかなり苦しい思いをしたのですが、この事を忘れない為に、また弔う為にも
独立した際にコーダと名をいれました。
その後この従業員は日本人と結婚し日本で今は暮らしているそうです。

その従業員の意志を継いだルアイさんという日本人びいきの従業員がいたのですが
彼はもうここにはいません。

彼に会う為だけにアンマンに滞在する人もいたらしいのですが。

でもここの従業員さんは皆いい人!
そして可愛い子ちゃんもいるんですよ♡

って写真無いけどね(笑)

ただ・・・注意としては・・・南○虫が。。。。
是非、電気をつけたままでお休み下さいませ・・・・。

わたしは、南○虫は大丈夫だったもののダニの被害を受けまして・・・。
毎日毎日、うで、脚、そして顔・・・。さされまくったね。

これはロンドンまで続いたわ。

というわけで・・・もう安すぎる宿には泊まらない(笑)

しかしヨルダン→イスラエルというのは王道ルートでして・・・。
その後、イスラエルでここに泊まっていた日本人ほぼ全員とイスラエルで会うのです(笑)


あ、今日わたしの誕生日です♡
てへ♡



comment 0 trackback 0
09.26
Thu

半沢直樹、ぜったい続編あるやん!!(笑)



さて今回は写真いっぱいでお送りするペトラです!!


さて。7000円払って入場致します。
朝8時から開始!!

昨日は暗くて見えなかった所が見えてその巨大さに愕然とするペトラ!!

P8062100.jpg

ピースして写真撮るのは日本人だけなのでポーズを変えてみる。

P8062104.jpg

ペトラには可愛い猫ちゃんがたくさんいました。
というか中東は全体的に猫ちゃん率高し。
にゃーにゃー響いてかわゆす。

P8062102.jpg

昨日はこの割れ目から満点の星が見れたんです・・・・

そして目の前にとうとう主役がチラ見えしてきます!!

ごめんなさい。写真が何故か縦にならなくて・・・。

P8062108.jpg

そして出て来たエルハズネ!!

でかーーー!!
P8062111.jpg

ラクダちゃんがね。可愛いんですよ。

P8062119.jpg

P8062120.jpg


そしてグングン道を進むとコロッセオみたいなんとか住居みたいなんとか神殿とかとかとか(笑)
こんなとき、ちゃんと調べてないと素通りになっちゃうんですね。。。

P8062154.jpg

P8062153.jpg

最後、トレッキングってか山登りする事2時間・・・
やっと山頂にあるエドディルに!!

P8062205.jpg

ちょうどお昼くらいになっていて空とのコントラストがすごくキレイだった!!
因にここまではロバに乗っても行けますよ!!

P8062155.jpg

こんな気になる看板を見つけてまたトレッキング

P8062157.jpg

そこからの風景・・・・

P8062191.jpg

P8062162.jpg

晴れているとイスラエル側まで見えるらしい。

そしてまた2時間かけて戻る・・・
真っ赤になった欧米人達がヒーヒーいいながら上がっていく。
朝から登って正解!!!

住居跡近くにまたbest viewと標識があってまた登る。。。こと1時間。

P8062211.jpg

たしかにベストビュー!!

P8062229.jpg

怖かったがなここ!!
わたし、へっぴり腰(笑)

ってかこの辺で4ℓ程持っていたポカリスエットが全てなくなる。
恐るべしペトラ・・・。

合計9時間。
猛暑の中をトレッキングした。
なかなか過酷な体験だったけどsakiちゃんがいなかったらエルハズネだけで帰ってたかも(笑)
現に暑すぎてエルハズネだけで帰ってくる人もいるんですよ!!

最後に二人でジャンプ(笑)
うしろ!!写ってないし(笑)

P8062237.jpg






comment 0 trackback 0
09.26
Thu

あぁぁぁぁああ・・・。
結構間あいちゃった。
今はもうパリを抜け、全力でスイスを楽しんだ後、ばびゅーーーーんとトルコに来ました。
かなりおかしいルートだけどトルコ行かなかったら絶対後悔すると思って来ちゃった♡

行きは案外安かったけど帰りが・・・いや、またパリに戻るんですけど・・・
ちょっと出費だったな・・・。しかもこの1ヶ月のヨーロッパのカード決算がきましてですね(笑)
それはもう、なかなか見ない金額でしたよ(笑)
でもドイツに長期滞在予定なんで(笑)
あっ、仁志さん宜しくお願い致します♡



ではペトラ!!ナイト!!
ごはんで満腹の中、幸せな気分で出発です!

P8062040.jpg

ヨルダンの夕日はきれいだったなぁ。

P8062035.jpg

さて20時にペトラの入場門に着きましてそこから30分歩いた所にエルハズネ。
インディージョーンズで有名な遺跡がお目見えします!!

てか私、見てないんだけどね。インディージョーンズ。

足下にはランタン。

P8062059.jpg

いやー、キレイだったわーーー。

でもこのランタンよく見ると・・・・

P8062071.jpg

紙袋(笑)

でも徒歩30分の距離にこんなにたくさんランタン置くって大変だよね。
しかもこの後、撤収でしょ?
って話をsakiちゃんとしてました(笑)

そして写真は撮れなかったけど星がきれい。

両サイドにそれはもう高い壁・・・逆崖!?その隙間に満点の星・・・・。
どうぞカップルで来て下さい(笑)

petra by nightはライトアップされたエルハズネにヨルダンの音楽が主役。
だんだんとイスラミックな中東の音楽が聞こえてきます。

そしていきなりランタンの大群が!

P8062083.jpg

そして見えたのがこの姿!!

P8062087.jpg

うん??暗い??
期待が大きすぎた(笑)ここまでの道のりが良すぎたね(笑)

yukoさんは次の日にエジプトに渡る予定だったのでこの夜だけで終了。
sakiちゃんとは『夜見てそれから翌日、昼に行くか考えよう!』って言うていて
まぁ、結果行くよね(笑)

朝、早起きして昼のペトラへGOです!!

あっさり終わってしまった夜ペトラ(笑)




comment 0 trackback 0
09.19
Thu

いまパリなんですけど予期せぬ長期滞在になっちゃってます。
10日間。しかもパリだけ。
モンサンにも行かず・・・ベルサイユにも行かず(笑)
リアルタイムから1ヶ月遅れている私のblog・・・。
毎日宿に籠って書いてリアルタイムに近づいたかったのにまったく進まず(笑)
だって思い出しながら書くのとリアルタイムで書くのはやっぱ違うよねぇーーーー。
やはりここはパリ。出会いがいっぱいあるのです。。。



ロンドンから始まったヨーロッパ。
長くても4日以上は同じ宿にいなかったので疲れが溜まってきてたんですよねー。
って贅沢な話ですね。
怒られる怒られる。必死に毎日働いてる人に・・・・。
ほんで冬目前のパリにきて風邪ひいちゃったし。

いや、毎日必死で観光するのも疲れるんですよ(笑)



さてさて話はヨルダンはペトラに戻します。
ペトラの入場料は約7000円・・・。
因に地元民価格というのがございまして。
あまり明るみに出てないんですが・・・。
うん。知らない方がいい。そんな価格です。タージマハルもビツクリです。

世界一高い入場料を誇るペトラですがここにはsakiちゃんとyukoさんと3人で行きます。
待ってました!仲間がくるのを!

ところで(笑)sakiちゃんの武勇伝を聞いて下さい。
実はsakiちゃんの話は何人かから聞いてたんですけど(笑)
話はインドにさかのぼります。

インドって嘘つきが多いんですよ。
sakiちゃんは旅行会社詐欺にあったのです!
シゲタトラベルという有名な旅行会社にいくはずだったsakiちゃん。
この旅行会社には私もお世話になりました。
『シゲタトラベルは休みだからうちの旅行会社にこい!』と誘われたsakiちゃん。
ついて行っちゃった。

そこでカシミール地方2週間のホームステイとトレッキングをbooking。
総額は9萬円也。
いやいや高すぎでしょ!?
だってインドの宿って200ルピー(400円)だよ?
12時間、上から2番目のクラスの列車に乗って2000円だよ?
ガイドブックに載ってる最高級レストランの予算が2000円くらいだよ?

で、行ってみたら全て費用に入ってるはずなのにいちいちチップ渡さないと人が動かないの!
これ最近流行ってる詐欺ね。

何も物とかは盗られなかったみたいだけど。

因にカシミール地方はパキスタンとの国境沿いだから日本の外務省はここの滞在はオススメしてません!!
sakiちゃんにそれ言ったら『どうりで軍隊がいたわけですね』ってオイ!!!
しかもシリア・レバノンをルートに入れてたからね。

そこは行けませんよ!いま!昔は行けたけど!!すごくいい所らしいけど(笑)
ちゃんと調べて!お願いだから!(笑)

そんなsakiちゃんとイスラエル帰りのyukoさんとペトラへ繰り出します。

アンマンのバス停から乗り合いバスで5時間くらい?
てか人数集まらなくて1時間半くらい待ったからね!

ペトラへ到着です。

また暑いんだこれが。
日中出る事を諦めて月・水・木だけ行われてる夜のペトラへ行く事に。

宿はバレンタイン イン。
宿の人に気をつけて下さい。女性の方!

ここはドミトリーの宿泊費よりも高い夜のビュッフェが有名なんです!!

P8062044.jpg

P8062042.jpg

丁度私たちがヨルダンにいたこの時期はラマダンの時期・・・。

このご飯・・・・最高!!!!

そして、日が沈みペトラ遺跡へ繰り出します。。。


P8062057.jpg

長くなったので今回はここまで!
って雑談が多かったですね(笑)


comment 0 trackback 0
09.15
Sun
そういえばローマに居た時に思い出したくだらない話していいですか?
長いです。

大学生のときイタリア語を取ってたんですね。
落としたけど。
その当時、イタリアで考古学を勉強したいとかかっこいい事を言う男子がいました。
その名はプンタ。
彼は親に負担をかけたくないと交換留学の選考に挑戦。

2人いたイタリア語の先生のうち1人の先生の推薦も貰っていた。らしい。
問題の試験当日、試験管に『あなたの名前を言って下さい』とペンで指差された。
そう言われ彼は『それはペンです』と答えたらしい。

もちろん交換留学の選考には落ち、その後彼はオーストラリアに留学した。
しかも学校の援助なんもかからないやつ。

はて?考古学はどこへ?

ちなみになぜプンタというあだ名かというと彼はハムスターを飼っていた。
その名がプンタ。
残念ながら熱々のスープの中に自らダイブしてお隠れあそばされたらしい。
その話が皆に伝わり、あだ名がプンタになった。

プンタ亡き後プンコという新しいハムスターを飼い始めたらしい。

・・・っと言う話をフォロロマーノ見ながら思い出してました(笑)



って話はヨルダンですね。

実はアンマンって特に何もないんです。
でもこのアンマンで一番気に入った場所があります。

それがアンマン城です。

この場所、かなり好き嫌いがあるかと思われます。
遺跡だからね。

でも景色が抜群にいい!
最初に一人で行ってその後、ペトラとイスラエルを共に過ごすsakiちゃんと2回目行ってきました。

このアンマン城は高台にあります。
坂がキツいのなんのって・・・。

その坂の前にコロッセオがあります。

P8031951.jpg

よく見ると前の方に人が居るんだけどどれだけ大きいか感じてもらえるはず。
中に入るには1JOD。てかここまで外で見れるなら中いらなくない!?

ぐんぐん坂を登ると大きなヨルダンの旗が見えました。

P8031965.jpg

あの旗、圧巻だったなぁ。
どこからも見えてたけど何メートルでどんな大きさの旗なんだろ?

かわいいおじいちゃん。

P8031958.jpg

ラストスパート汗だくで、おばあちゃんみたいなヘッピリ腰で歩いてると車がサイドに・・・。
もう100メートルない所まできてたのですが乗せてあげるよ。って・・・。

でも・・・中東で怖くない!?(汗)
丁重に断ったんだけど、『見てられないから・・・』っと言われてお言葉に甘える事に。
sakiちゃんと2人だしね。

そんな感じで着いたアンマン城。

P8031972.jpg

この景色!!!

P8031978.jpg

お兄さん・・・かっこよすぎるよ・・・。
絵になり過ぎ。

P8042012.jpg

コロッセオも見下ろせます。
ますます入らんでいい。

P8032004.jpg

神殿。

P8042015.jpg

P8042009.jpg

ツーリストポリスと♡
暇そうに色んな人と話してたから(笑)
『どこからきたの?』『ウェルカム』だけど(笑)

P8042019.jpg

しかしヨルダンは焼けたなーーー。
クリ◯ークの日焼け止めホンマ効かん!!ありゃイカン!!
焼く為の日焼け止めだ!あれは!


ここは風もすごく通るし人も多くない。
たまにチャイニーズの集団がくるけどね。

イスラムの1日5回のお祈りが高らかに聞こえてきて何とも言えない雰囲気。
本当にすごかったなぁ。

言葉にならない言葉で表現出来ない異空間でした。

P8031997.jpg




comment 0 trackback 0
09.13
Fri

ヨルダンって英語でジョルダンって言うんだね。

この旅で初めて知りました!
どうりで『ヨルダン』って外人さんに言ったら通じない訳だ(笑)

このアラブの国、ヨルダンの皆は本当にいい人が多かった。

街中どんな人も『welcome!!』って声をかけてくれる。
市場で、道ばたで、車からもわざわざ停まったり窓をあけてまで(笑)


ワタシも思ってたし周りの人、皆も言ってたけどヨルダンって怖いイメージ。

全然そんな事なかった!
ま、たまにすごいセクハラされる子もいるんだけど。
ホテルが同じだった日本人女の子2人のうち1人はお尻市場で触られたり・・・・。

かわいそうに。

街はきれいに舗装されていてアンマン市内はとってもキレイだった。
まぁゴミはその辺りにいっぱい落ちてるけどね(笑)

P8021938.jpg


P8021939.jpg

アラビア文字・・・。
一切分かんない(笑)


日本人女の子2人とランチに行くも開いてない・・・
ここも・・ここも・・・?????

もしやラマダン!?

ラマダンでした・・・。
インドでジョードプルに居た時ラマダンだったんだけどな・・・。
数え方違うのかな?

GHでスーパーを聞いてみるとここいらにはないみたい。
でも市場があるみたいなんで行ってきました。

P8021942.jpg

一番大きなモスクのすぐ横の通り一体が、食べ物から洋服、雑貨まで置いている市場でした。

P8021943.jpg


P8021944.jpg


P8021945.jpg

果物屋の少年。
男前!彼も例外無くwelcomeと声をかけてくれました。

だいたい水1.5ℓが0.5JODなんだけど市場では3本1JODの店を発見!
お菓子とかも売ってるんだけどここのおじさんに気に入られて(笑)
水を買いに行くたびタダでお菓子くれた(笑)
スニッカーズが好きなんですけど、ワタシ。
水2本とスニッカーズ2個で1JODにしてって言ったらしてくれて。
後日また買いに行ったら息子が店番してたんですけどスニッカーズ1個1JODでした(笑)
ラッキー(笑)
やっぱり外来品は高いね!

初日はモスクの前で演説してて警察がいっぱいいました。

P8021941.jpg


警察官もwelcomeって。
イメージがガラッと変わった国でした。



comment 0 trackback 0
09.11
Wed

何かここのゲストハウス落ち着きますー。
あっ、まとめて書いてます。まだフィレンツェです。

みんな夜が早いんです。
昼間何もしてくせに。10時までに寝ますからね。
基本変わらず同室なのは中国人の陳くんとあと欧米人の女の子。
もう一人は日替わりでコロコロかわります。
女の子はワタシと同じ明日チェックアウトな模様。

フィレンツェなのに一泊20ユーロ!!ベットのマットレスがギシギシ言わないの!
コレ久しぶり!(笑)
夜遅く朝早くとか出るとき気使いますからね。
キッチンもあるし、もちろん冷蔵庫も。これ結構重要。
キッチンに面してる庭に蚊がメチャメチャ多いけど何故か部屋には1匹も来ないし。

スタッフも愛想いいし今度から変な3つ星とかよりホステルの個室ですな。
今回は3泊の予定が延泊して4泊になりました(笑)



そんな話は置いといて死海ですね!?
死海は海水の10倍の塩分があるため生き物が棲息出来ないらしいですけど、
いるらしいという情報もちらほら。
因に30%らしいですよ塩分濃度。
お風呂で体感してみては?できるのかな?(笑)

P8011897.jpg

なんか中東以降、空が本当にきれいなんですよねー。

私たちが行ったのはアンマンビーチ。

P8011893.jpg

ここはシャワーや更衣室完備。プールもあります。

しかし・・・入場料は15JOD!!(2100円)スーパー銭湯以上にとりますね。

P8011894.jpg

この砂のアートヨルダンでよくみました。

P8011899.jpg

死海====!!!!!ほんとに浮くーーーーー!!!!!

P8011898.jpg

泥パックやりたーーい!

P8011930.jpg

海の中はこんな感じで塩が固まってます。

P8011937.jpg

砂浜にも塩の結晶が沢山落ちてました!!
記念に持って帰ればよかったね。
どうするよ?料理にでも使う?普通の旅行者はバスソルトとして使うといいかと。


因に海水はなんかドロってしてて、ヌルっっとしてます。あと目に入るとかなり痛いです。
痛いと言えば穴という穴は痛くなります!(笑)
痔持ちの人は悶絶らしいです。
傷口とか痛いらしい。

因に私たちでも30分くらいが限界でした(笑)

IMG_3381.jpg

普通脚上がってたら顔持ち上げられないけどコノトオリ!!!

IMG_3385.jpg

沈まないけど回転しちゃうから注意。


P8011910.jpg

泥パックは全身1人3JODですが顔だけでいいから1人1JODにしてって言ったらOKでした♡
なぜかイケイケのお兄さんが塗ってくれます。

アラビア文字でデコルテに名前書いてもらったり。
楽しかった♡

P8011917.jpg


しかし痛かったー。


comment 0 trackback 0
09.09
Mon

あーーー、荷物が重いぞー。
フィレンツェで皮のベルト買ってしまったぞー。
しかもスエード。。。使えない!!ここでは使えない!!

買い物大好きすぎて友達のお土産(スイスの)買ってたら調子乗りかけてしまった。
自分の分の塩まで買ってしまった。トリュフの(笑)
だって、いい香りだったんだもん。
本当はトリュフ塩むすびが食べたい・・・・米!!!!日本米!
どっかでジャガバタートリュフしよ。
いま狙ってるのはクリームタイプのレモンチェッロです。
明日からは田舎にいってきまーす。
トスカーナの田舎町♡



それではあっさりインド終わりまして(笑)
・・・インド最終日はfumikoさんがたまたまお休みだったので高級インド料理頂いて。
あぁ・・・マトンビリヤニとオクラのカレーが美味しすぎた・・・・。
インド料理おいしいわーーーー。

そのあとにANOHKIって木版で染めたインドで有名な雑貨屋さんに行って
家族のお土産を姉とLINEしながら、あーだこーだ言いながら購入。
姉さん達。誕生日とお正月に見返り期待してます。無償の愛なんてないだよ。
写メ撮りすぎて店員さんにやや怒られる。

リネン類欲しかった・・・これがバックパッカーのサダメですね。
朝早い便だったので空港泊。
色々本当にお世話になりました・・・fumikoさん。
何とお礼を申したらいいのか・・・・。
シロダーラ(第三の目、額の所に油流すアーユルベーダ)もしてないし
南インドにも行ってないからまた絶対インドいく!

そしてプライオリティーパスを駆使してチェックインが始まると同時にラウンジにGO。

で、搭乗時間にゲートに行ったら、まぁ開く気配なし。
結局1時間遅れで飛び立つ。
どうやら隣は日本人。
しかしラウンジで一睡も出来なかったワタシはご飯の時間も寝る!

やっとこさ着陸直前の朝ご飯(笑)で起きて隣の日本人2人と話す。
あれま、2人も世界一周だそうな。
で、2人はヨルダンはトランジットだそうでトルコに行くらしい。
しかし12時間以上乗り換えに時間があるようなので死海に行きたいらしい。
ノリでワタシも参加。
Wマサミちゃんです!

空港からバスで市内近くのターミナルへ。
そこでタクシー拾って死海まで!
後から知ったけど空港から直接行った方が安かった・・・。


6カ国目ヨルダン。
未だかつて行った事の無い、中東の地。
日本では絶対に見れないこの景色。

P8011890.jpg

乾いた大地と空気!インドとは全然違う。
すぐにここが気に入った!
なぜか何か親しみが湧く。

P8011889.jpg

タクシーの運転手。

なぜかジュースやら水を奢ってくれた。
眺めがいい場所で停まってくれるし、なかなかいいドライバーさんでした。

まぁ乗るまでは値段交渉で色々あったけどね(笑)
結局市内近くのバス停から1人9ディナール(1260円)で行きました。
1JOD=140円
だいたい1時間ほどで死海に到着。

中東からドンドン物価あがりますよーーーー!

死海は、不思議な場所。

P8011896.jpg





comment 0 trackback 0
09.07
Sat
いまフィレンツェにいますが、わたしと同室が2人いるんだけど全然外でない(笑)
それを知ってるという事はワタシも外出てないんですけどね(笑)
昨日は久々にGHの人4人で飲みに行きまして、めちゃめちゃ面白かった。
最後は道ばたで10人くらいで飲んでたけど酔っぱらって先帰っちゃった(笑)
ごめんなさーーーい。



さてさてインド最後に訪れた先はカジュラホ。

ここはエロ寺院が有名なんですわ。
世界遺産ですよ!

P7291849.jpg


しかし今回はどうやらクーラーで風邪を引いたらしく咽が痛い。
着いたら、うん!絶不調!笑
しかも6時くらいに着いたからね!

インドは基本的に高いホテル以外は予約必要ないのでリキシャで中心地まで向かいます。

ってかリキシャに知らない宿の勧誘が乗ってくるんだけど!
いかにいい宿なのかプレゼンしてきます。

しかも事前にジョードプルで一緒だったkazumiさんから宿聞いててそこに行きたかったのに
『見るだけでいいから!』っと違う宿に連れて行かれる。
はいはい。

何か黴臭かったから却下。
エアスプレーふるから!ってそんなんじゃ嫌です。

そしたらリキシャマン逆ギレ。

因にこのカジュラホという所、まぁ客引きが半端ないんです!
しかもお互いをけなし合うという何とも(笑)

地球の歩き方にも『100%おすすめできないから自分で見て決めてほしい』って書いてた(笑)

で○○ゲストハウスに行ってって言ったら『遠すぎる』ってオイ!
絶対近い!
ってな訳で『あんたが見るだけっていたんでしょ!』ってギャンギャン言ったら連れっててくれました。
てか角曲がったらあったし!!
どこが遠いねん!

もうイラっとしてたからココに決めます!
部屋も無駄に広いし。

で、諦めが悪いリキシャマン。『観光しないか?全部の遺跡回って400ルピー』
って・・・・。
とりあえず寝るから後でねって言ったらじゃあ9時に!!って。オイ!

夜行だったのでシャワー浴びたら。あぁ・・完璧風邪の症状。関節までイタイワ。

9時になってリキシャの観光を断りにいきます。
『熱があるから行けない』って言ったら『ohhhh...』って。
心置きなく寝る。

そしたら12時くらいにフロントから電話!
『リキシャが待ってる』って!いやいやいやいや・・・しつこいわ!!

『明日は観光いかない?』『明日帰りも送るよ!』ってうるさいわ!

分からない!体調次第で近い所だけ自分で行く!っと言って切ります。
しかも雨降って来たし。
この日は近くのご飯屋に行くだけで大人しく就寝。
停電多い!!ここ!



次の日自分で近場の遺跡に行きます。

P7291836.jpg

P7291840.jpg

P7291866.jpg


エロ寺院・・・どんなものかといいますと。

P7291843.jpg

P7291852.jpg

こんな感じ(笑)

そして少し遠くの遺跡まで歩いて行こうとするとインド人が付いてくる付いてくる。
そして最後まで付いて来たのがパコ?ピコ?ポコ?たしかパコ(笑)

ってかこの地域、狭すぎて皆知り合いらしい。
離れた遺跡にいってたら何とあのリキシャマンからパコに電話が入る。
どうやら誰か見ててリキシャマンの耳に入った模様。

P7291872.jpg

パコは結局ちゃんと案内してくれて。
お金も要求されず。チャイ奢ってくれて、ゲストハウスまでバイクで送ってくれて。
しかもリキシャで駅まで向かってたらバイクで追いかけてきて見送ってくれたという・・・
よく分からないインド人。

P7291871.jpg


インドはコレで終わりますがワタシは騙された事無かったし親切なインド人によく会ったなぁ。
今度は南インド行きたいなぁ。



comment 0 trackback 0
09.05
Thu

ラジャスターン3都市もここでおしまい。
ラストはジャイプル!

ここはピンクシティーと呼ばれる所!

中心地はキュートなコーラルピンク!
宮殿も可愛い♡

P7221761.jpg

P7221763.jpg

P7221764.jpg

門がすごいの。

P7221769.jpg

P7221774.jpg

ナイスポーズ。

風の宮殿
この宮殿ねーー、薄っぺらいの(笑)

P7221803.jpg

アンベール城
中はミラーワークの部屋がきれいだったなーー。
写真無いけど(笑)

P7231826.jpg


P7231825.jpg

P7231809.jpg

モザイクがキレイだったなー。

しかし、ジャイプルまでくると客引きがひつこかったーーーー。
デリーに近い程ひつこい!(笑)

でもここで飲んだラッシーほんと!美味しかった!20ルピー。
素焼きのカップに入ってて、コレは使い捨て(笑)
インドほんと意味分かんない(笑)チャイも素焼き多かった。
もう一回飲みたかったなー。ここのラッシー。
今度は大サイズで(笑)

IMG_3160.jpg

IMG_3162.jpg

IMG_3161.jpg

今度きたらジェムパレスのジュエリー絶対買う!!
インドジュエリー、可愛い物はほんと!可愛い!
欲しいデザイン・・・10万だった・・ピアス・・でも日本で買ったらもっと高い!
フープのデザインで、マルチカラーのカラーストーンが涙型にカットされててフープに垂れ下がってるの。
繊細なデザインでキレイだったーー。もちろんベースは18K。

P7231824.jpg

絶対買うわ。


comment 0 trackback 0
09.01
Sun

あっ!!!今日トマティーナじゃん!(スペインバレンシアのトマト投げ合う祭り)
いいなぁーー、行けるものなら行きたかったなぁ。
旅人が一斉に集まる祭り。。。トマト投げたかった。フェイスペインティングしたかった。。。
あっ、これは8月28日に書いてます。

あと半沢直樹ってさー。
物腰柔らかいけど芯は通ってるから清純派の古風な奥さんいそうなんだけど
でも嫁さん上戸彩でキャピってる子ってギャップがいいよねー。

そして菅野美穂ちゃんが実際、奥さんっていいよねー。
あんな笑顔が可愛い人が奥さんだったら仕事で疲れてても『家帰ろっ!!』っておもうよねー。
って何書いてんだワタシは・・・。





さて、ここジョードプルは別名ブルーシティー。
家の塗装が青いのです。
まぁ全部という訳ではないのですが・・・。

P7201656.jpg


P7201661.jpg

こんな感じでとてもきれい。

あの強い日差しにこの青はすごく栄えます。
きれいに塗ってる訳ではないし壁もボロボロなのに、すごくきれい。

メヘランガル城から見るとこんな感じ。

P7201665.jpg


P7201704.jpg


中もなかなか豪華なんですよ。

P7201698.jpg

P7201693.jpg



因に去年、ナオミキャンベルの彼氏の誕生日パーティーがここで開かれたろうな。
ディカプリオとかが来たみたいですよ。


ここジョードプルもウダイプル同様ゆったりとした空気が流れていました。
ラジャスターン地方はなかなか居やすい。
バラナシやデリー・アグラを回るのが王道インドルートですが是非こっちにも来てもらいたいっ!!
何よりも人がそこまでガツガツしてない!


そしてこれはfacebookにも書きましたが、このジョードプルは漫画ワンピース、アラバスタの舞台となった場所
っと言われています!

P7201653.jpg

アラバスタ城

P7201683.jpg

P7201686.jpg

銃犬ラッスー


IMG_3077.jpg

爆弾が仕掛けられた時計台。


P7201675.jpg

なんか・・・ワンピースに出てきそうなおじさん(笑)
雰囲気あり過ぎ(笑)

P7201658.jpg

みんなで汗かきながら観光しましたー。

銃犬ラッスー見つけた時はテンション上がったなぁ。。。。

P7201724.jpg

魅惑的なジョードプル!


comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。