FC2ブログ
10.02
Wed

あーーー、腰が痛い・・・。
腰が痛すぎてマッサージに行ってきました。
トルコ。。。イスラムなのにセラピストが男!!!!!!!
しかもオイルマッサージ!!
まぁ、まぁいいわ。いや良くないだろう!(笑)




さてさて、次の日は新しくジョインしたタクミくんとショータくんとヘブロンへ。
ここは地球の歩き方にも載ってない地域。

ユダヤとパレスチナが一緒に住んでいます。

昨日行ったベツレヘムからバスを乗り継ぎ約1時間・・・。

着いた場所はかなり賑やかでびっくり。
そしてバスを降りてすぐに一人のパレスチナ人に声をかけられました。

『ゴーストタウンにいかないか?』

正直な所、素直について行きたかったのですが多額のお金を請求されたり色々な事が海外ではあります。
なので断りました。
ガイドはいらない・お金は払えないと。でも彼は『今のパレスチナを見てほしい』っと言い
結局はついていく事にしました。

英語でのガイド。少し私たちには難しいすぎたのでwikipediaの情報と合わせて書いていきます。

ヘブロンの地は1929年にユダヤ人が再入植し、
1967年第3次中東戦争後にイスラエルに占領されました。

そして1994年ここで大きなテロがありました。
ユダヤによるパレスチナへの攻撃。
犠牲者は50人、60人とも言われています。

賑やかな通りを進み1本道に入ると突如現れたチェックポイント。

P8132482.jpg

荷物をX線に通しセキュリティーチェックを受けて中に入ります。

すると外とは打って変わって誰もいない世界に。

P8132483.jpg

P8132485.jpg

パレスチナ人が住んでいる地域ですが1980年にパレスチナ人がユダヤ人を攻撃した際に
ここ一体のパレスチナ人を追放したのです。

彼がガイドしてくれたアイバンくん。

P8132484.jpg

本当にだれもいなかった・・・。

そして暫く進むとアイバンくんが『ここより先には僕は行けない』と。

この先はユダヤ人が住んでいる地域。
しかも厳重にイスラエル兵が警護しています。
この先にパレスチナ人が入ると射殺されてしまうそうです。

P8132486.jpg

P8132487.jpg

僕たちは自由に旅行も出来ないし商売もできない、壁の向こうには多分一生出られない。
といわれ言葉が出なかったです。

最後に皆で写真を撮ったのですが・・・・事件です。

私の隣にいたアイバンくん。
肘が・・・・・おっぱいに当たってます・・・・。うん?気のせい?
ちょっと離れてみます。
ついてきます。うん。故意だな。うん。

P8132488.jpg

残念でならん・・・。

ここで私はもう純粋にアイバンくんを見れなくなった・・。

するとまた事件です!
『お金払ってね』
ってデターーーーーーー!!

始めにお金払わないって言ったよね。
って言ったら僕たちを救って欲しい。って。
もう、おっぱいの一件があるから信じるなんて無理!

タクミくんが小額のお金を払います。
すると『足りない』とアイバン。

いやいやいやいやいや。
その金額は君が決める物じゃないよ!!
1人1500円払ってっと言ってきました。

そこでタクミ君が
『僕たちは心から君たちを助けたいと思うし、初めてこの現実を知ったし感謝している。
でも僕たち、始めにお金は払えないって言ったよね?勿論寄付をするつもりでいたけど正直今は君を信じられない。
必ずこの現状は周りの人にも伝えるしインターネットを使って君たちを助けるよ。』

よく、この現状でこんな英語が出て来たね。尊敬。

イブラヒムハウスに帰った後、ボランティアの方がヘブロンに私たちが行った事を聞いてやってきました。
『ガイドはつけたのか?』と。どうやら色々なガイドがいるようで・・・。

そして話は戻してヘブロン。
アイバンくんと別れてユダヤ人の住む地域に進んで行きます。
そこを越えるとアブラハムモスクがあります。

モスクに行くにもパレスチナ人は30分かけて回り道しなければ行けません。
昔は10分の道のりだったのに・・・。

写真を撮っているとno photoとイスラエル兵に銃を向けられてしまいましたので・・・。
写真はなし。

さびれたパレスチナ人街とは違い、ユダヤ人街はヨーロッパのよう。
そして、そこら中にイスラエルの国旗が掲げられていました。

暫く進むとアブラハムモスクに着きそこを抜けると繁華街に出ます。
しかしよく見ると上にはフェンスが貼ってあります。

P8132495.jpg

P8132494.jpg

上の階にはユダヤ・下の階にパレスチナが住むマンション。
嫌がらせでユダヤがゴミを投げます。
それを防ぐ為のフェンス。

P8132499.jpg

それでもここは活気溢れていました。

ゴーストタウンを抜けて一息。

P8132502.jpg

本当に怖かった・・・。

人間って怖い。
でも行ってよかった場所。
かなり不安定な場所なのでいつまたテロが起こるか分かりません。

ここに住んでいるユダヤ人は数百人。そのユダヤ人を守る為に数千人のイスラエル兵が常に警備しているらしいです。

それだけパレスチナ人は監視され嫌がらせも受けています。


これが今のパレスチナ。
少ししか見ていないけど。
これもまた私たちが住んでいる同じ地球での出来事。

P8132498.jpg



スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://hoshinonoosanpo.blog.fc2.com/tb.php/68-a7719c3a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top